賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険の基礎知識 > 保険料の決まり方


保険料の決まり方

生命保険の保険料はどのようにして決まっているのでしょうか?保険の中身や保険料で選ぶ際のポイントを紹介しています。

保険の原価

生命保険の保険料は大きく分けると「純保険料」と「付加保険料」によって構成されています。純保険料とは保険金や給付金を支払うために充てられるもので、被保険者が条件を満たすと死亡保険金や入院給付金などとして保険の受取人に支払われます。

保険料の中身

付加保険料は保険会社の運営費や人件費、広告費用などに充てられるもので、保険事業を行うために必要な経費として使用されます。ライフネット生命のようにすべての保険原価を公表している生命保険会社もあります。

保険料を決める要素

純保険料の中身は「貯蓄保険料(満期の保険金に充当)」「死亡保険料(死亡保険金に充当)」「利差配当」「死差配当」によって構成されています。この純保険料については「予定死亡率」と「予定利率」という2つの指標を使って計算されます。

予定死亡率とは死亡率などの統計を基にして将来どの程度の保険金を支払う必要があるかを計算するために使われるもので、性別や年齢によって保険料が異なるのは予定死亡率が純保険料に影響しているからです。また死差配当とは、予定死亡率と実際の死亡率の差から得られる配当です。

予定利率とは保険会社による運用利回りのことで、保険契約者から集めた保険料を運用することによって得られる利益が反映されています。つまり資産運用によって得られると予想される利益分を、純保険料から差し引いて計算しています。また利差配当とは、予定利率と実際の運用益との差から得られる配当です。

一方、付加保険料は「予定維持費(保険の維持管理費に充当)」「予定集金費(保険料を集める費用に充当)」「予定新契約費(新しい保険契約を獲得するための費用に充当)」「費差配当」で構成されています。

付加保険料を計算する際には予定事業費率が指標として用いられますが、簡単に言うと付加保険料は保険会社が事業を継続して行うために必要な経費(コスト)となります。例えば、予定新契約費の中にはテレビCMなどの広告費が含まれています。

保険を見直す際のポイント

このように複雑な構成をしている保険料の原価ですが、純保険料に関してはどこの保険会社も同じ指標を使うのでほとんど変わりがありません。保険会社によって異なるのは付加保険料に関する部分です。

先ほどの例で考えると、テレビCMなどの広告費用に経費をたくさんかけている保険商品は付加保険料の部分が比較的大きくなります。保険料に対して被保険者に保障として支払われる割合が少なくなるので、保険商品自体の費用対効果はあまり高くない可能性があります。

販売事業所を持たないネット生保などは、付加保険料に関しては比較的低く抑えられています。ただし生命保険は商品の中身(保険料に対する保障の充実度)が最も大切なので、ライフステージの変化によって必要保障額を見直すタイミングでプロのFPからアドバイスをもらうことをおすすめします。

保険料の決まり方のまとめ

  • 保険料は純保険料と付加保険料で構成されている
  • 純保険料は保険金・給付金の支払い、付加保険料は保険会社の運営費として使用される
  • 付加保険料は保険会社によって異なるので、保険料と保障の充実度に差が生まれる

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加