賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険の基礎知識 > 生命保険の必要性と加入率


生命保険の必要性と加入率

生命保険にはどのような必要性があるのでしょうか?加入する目的や加入率についてわかりやすく解説しています。

生命保険の必要性

生命保険とは」の中でも書かせていただきましたが、長い人生の中でさまざまなリスクに備えるのが生命保険です。今日元気に暮らしていた家族が明日突然の事故によって亡くなってしまうかもしれません。

また職場で重度のケガを負ったり成人病などを発症することで、高度障害を負い思うままに働けなくなるかもしれません。一家の稼ぎ頭が万が一の事故や病気で働けなくなると生活費や住宅ローン、子供の教育費などを払うことはとてもできなくなります。

男女別の死亡率と平均余命
年齢 死亡率
(男性)
平均余命
(男性)
死亡率
(女性)
平均余命
(女性)
30歳 0.64% 50.69歳 0.33% 56.94歳
35歳 0.78% 45.85歳 0.43% 52.04歳
40歳 1.15% 41.05歳 0.68% 47.17歳
45歳 1.83% 36.32歳 1.02% 42.35歳
50歳 2.97% 31.70歳 1.61% 37.59歳
55歳 4.59% 27.23歳 2.29% 32.92歳
60歳 7.57% 22.93歳 3.30% 28.33歳
65歳 11.94% 18.89歳 4.86% 23.82歳

女性に比べて男性の方が死亡率が高く、またそのため平均余命も少なくなっています。死亡率の差は2倍程度なので、家計の収入を担う男性(夫)はもしもの場合に備えるのであれば生命保険に加入しておく必要性はあると言えるでしょう。

生命保険の特徴

小さな子供が2人いる家庭では、子供二人が独立するまでにおよそ3,000~5,000万円の生活費がかかるのが一般的です。もし貯金で死亡・病気のリスクに備えるとなると、子供が小さいうちに最低でも3000万円の貯蓄をしておく必要があります。

しかしながら、生命保険は加入時からリスクに備えられるのが特徴です。保険は契約が開始された日から保障がスタートするので、保険期間中は万が一の事が起こったとしても必要な保険金を受け取ることができます。

貯金と保険の違い

もちろん貯金する場合は確実にお金を残すことができますが、万が一の大きなリスクには備えることはできません。例えば毎月3万円を貯金に回した場合は10年後に360万円と利息分を貯蓄することができますが、その間に病気にかかってしまった場合は経済的に困窮してしまいます。

反対に生命保険に加入すると現金を手元に残すことはできませんが、毎月1万円程度の保険料であれば3,000万円以上の保障を受けることができます。住宅ローンの残支払いも団体信用生命保険に加入していれば支払ってもらえるので、家族に経済的な負担を残すことはありません。

生命保険の加入率

生命保険の加入率は30代に入ると急激に増加しますが、結婚した際やシングルライフを選んだ際に生命保険に加入する人が増加します。結婚した場合は家族の生活保障のためや子供の教育資金のため、シングルの方は老後の生活に備えるためというのが主な加入理由です。

生命保険の加入率
年代 加入率
(男性)
加入率
(男性)
20代 51.3% 52.8%
30代 82.3% 79.7%
40代 89.0% 88.8%
50代 89.5% 85.4%
60代 78.6% 81.1%

60代に入ると家族への補償の必要性が少なくなることから、生命保険の加入率は減少します。それでも男女ともに80%程度の加入率を維持しているのは、病気をしたり介護が必要になった場合に備えるためです。

このように生命保険は人生を安全に歩くための必要なパートナーとも言えます。ただし自分に合った保険商品は人それぞれ異なるので、最適な保険会社や商品を選ぶことが大切です。現在の生命保険に疑問や不満を感じておられる方は無料相談などで一度見直しされることをおすすめします。

生命保険の必要性と加入率のまとめ

  • 万が一の事故や病気に備えるために生命保険への加入は大切
  • 貯金に比べて保障が手厚いのが保険の特徴
  • ライフステージによって生命保険の加入率が変化する

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加