賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 生命保険について > 保険金の支払い拒否・不払い > 免責期間(自殺・がん)による不払い


免責期間(自殺・がん)による不払い

自殺やがんによる不払いにはどのようなケースがあるのでしょうか?免責期間の特徴や具体的な事例などを解説しています。

免責期間(自殺・がん)による不払いとは

免責期間による不払いとは、保険の約款に定められている免責期間中に保険金の支払い事由が発生し保険金が支払われないケースです。

定期保険や終身保険などの死亡保障の場合は保険の責任開始期から1~3年の自殺による免責期間が、がん保険の場合は責任開始期から90日間の免責期間が設定されているのが一般的です。

生命保険の免責期間
保険の種類 免責期間
自殺による死亡保障
(終身保険・定期保険など)
責任開始期から1~3年間
(保険会社や保険商品によって免責期間は異なる)
がん保険 責任開始期から90日間

免責期間中に支払い事由が発生しても通常は保険金が支払われることはありませんが、被保険者の状態によって保険金を受け取れるケースがあります。反対に免責期間外に支払い事由が発生しても保険金を受け取れないケースがあるので注意が必要です。

免責期間(自殺)による不払い事例

自殺による免責期間は1~3年と約款で定められていますが、保険法によると自殺の免責に関して以下のように記載されています。

  • 「被保険者が自分の生命を絶つことを意識し,これを目的として死亡の結果を招く行為,即ち,被保険者の自由な意思決定に基づきなされた自殺」に限る

つまり保険金を目的とした自殺の場合のみ免責が適用されて保険金を支払わなくても良いということになっていす。被保険者がうつ病などで心神耗弱状態となっており、冷静な判断ができない状態で自殺をした場合は免責期間に限らず保険金が支払われることもあります。

まずは精神科医による意見書などを保険会社に提出して保険金を請求することになりますが、保険会社が不払いの決定をした場合は裁判で被保険者の心身の状態について争うこともあります。

また免責期間外でも飲酒運転による自殺や薬物中毒など犯罪による自殺の場合は、他の免責事由が適用され保険金が支払われることはありません。

免責期間(がん)による不払い事例

がん保険がん特約の免責期間は一般的に責任開始期から90日と約款で定めらていますが、これは女性が自分自身で胸のしこりを発見できる可能性があり、このようなケースを無くすために設けられています。

そしてこの90日の間にがんであることが医師から診断されると、がん保険の契約は解除されることになっています。もちろん加入前にがんの症状を自覚していたり入院を勧められていたのに虚偽の内容を告知書に記入すると、告知義務違反となって契約が解除されることがあります。

また、がん特約の場合は主契約が満期を迎えると保障期間が終了してしまうものがあるので注意が必要です。どのようなケースで免責事由になるのか、免責事由に該当しないのかをよく理解して生命保険に加入するようにしましょう。無料相談サービスなどでプロのFPからアドバイスを受けるのもおすすめです。

免責期間による不払いのまとめ

  • 免責期間中に支払い事由が発生しても保険金が支払われない
  • 自殺の場合は免責期間中でも受け取れるケースと免責期間外でも受け取れないケースがある
  • がん保険の場合は90日間の猶予期間と告知義務違反に注意する

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓