賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 生命保険について > 知っておきたい生保の知識 > 共済とは


共済とは

共済とはどのようなしくみで成り立っているのでしょうか?共済の特徴や保険との違い、メリット、デメリットなどについて解説しています。

共済とは

共済とは協同組合などの組合員が相互扶助を目的として作られた保障制度で、事故や病気、交通事故による死亡やケガなどに対する保障を行うものです。代表的な共済として全労災やJA共済、COOP共済などがありますが、各都道府県には県民共済があります。

共済が保険会社が提供する生命保険と大きく異なる点は、営利を目的としていない、という点です。そのため決算時に余剰金が出た場合は共済の加入者に割戻金として返還されることになります。

また共済を運営するために出資金が必要となるため、共済へ加入するためにはまず組合員となるために出資金を支払う必要があります。加入するために必要な出資金として1口100円で2~10口程度支払うことが条件としているところが多いです。

共済のメリット

保険と異なる共済の大きなメリットとして、保障内容が優れているという点があります。例えば県民共済の総合保障型では、実質毎月の掛金(保険料)が1,300円程度で入院保障や死亡保障(400~1,000万円)があります。

同様の医療保障が受けられる医療保険では、保険料が毎月2,000円程度で死亡保障がありません。また県民共済の入院保障が184日(事故)、124日(病気)に対し、保険会社の医療保険では60日までとしているところがほとんどです。

また年齢や性別、職業に関わらず保険料が一律に設定されているので、40代50代の方や危険な職業に就いている方、自営業者にとってはメリットが多くなっています。

共済のデメリット

共済のデメリットは終身タイプのような貯蓄性のあるものはなく、定期タイプの掛け捨て型しかありません。そのため保険によって貯蓄も考えているという方には向いていません。

また65歳以上になると年々保障額が下がっていき、一定の年齢(85歳など)を迎えると更新できなくなります。保険料が一律に設定されているため若い世代にとっては掛金(保険料)の負担が大きいなどのデメリットもあります。

共済は死亡保障と医療保障がセットになっていることが多いので、民間の保険会社に加入している場合は保障内容が重複している部分が起きてしまいます。共済への加入やかけ直しを検討されている方は、一度民間の保険会社が販売している同様の商品と比較検討されることをおすすめします。

保険のプロであるファイナンシャルプランナーが無料で相談に乗ってくれるサービスでは、公平中立な立場でさまざまな保険商品を提案してくれます。キャンペーン中に保険相談を利用するとお得な商品がプレゼントされるので、共済加入に悩まれている方は一度プロのアドバイスを受けるのがおすすめです。

共済のまとめ

  • 共済は営利を目的としない相互扶助のために作られた組織
  • 共済の保障は掛金(保険料)に対して保障が充実している
  • 民間の保険会社が提供している生命保険ほど自由に設計できないので、加入前に十分な比較検討をする

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓