賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 知っておきたい生保の知識 > 保険会社が破綻した場合は?


保険会社が破綻した場合は?

保険会社がつぶれると保障はどのようになるのでしょうか?破綻による影響や破綻リスクに備える方法などを解説しています。

保険会社が倒産すると保険はどうなるの?

保険会社が倒産すると加入している生命保険の保障はどのようになるのでしょうか。破綻によってこれまで払い続けてきた保険料が無駄になり、保障も無くなってしまうと心配されている方も多いと思います。

平成10年に「生命保険契約者保護機構」が設立され、保険会社が破綻しても生命保険の保障は別の保険会社に引き継がれることになり、生命保険契約者保護機構が引継会社に資金援助や保険契約の移転などの手続きをサポートすることになっています。

そのため、加入している生命保険の保険会社が倒産しても保障のすべてが無くなることはありません。破綻した保険会社を救済する民間の保険会社がある場合は救済会社に支援を、救済会社が現れなかった場合は機構が子会社を設立し承継保険会社として今後の保険運営を行います。

保険会社の破綻による影響

保険会社が倒産しても生命保険の保障は機構によって保証されることになっていますが、保障のすべてが保証されているわけではありません。

保険会社が保険金や解約返戻金の支払いに備えて蓄えている「責任準備金」に関しては9割までが保証されることになっており、保険契約が存続した場合でも責任準備金の1割は減少することになります。

保険料の内訳と責任準備金

また保険の引き継ぎ後には予定利率が引き下げられることもあるので、保険金の保障額が減少することもあります。予定利率が高い商品ほど引き下げによる影響が大きくなります。

保険会社の破綻リスクに備えるために

保険会社が破綻するリスクに備えるためにはいくつかの方法があります。まず保険会社の経営状態を表す指標である「ソルベンシー・マージン比率」を元に保険会社を選ぶという方法です。

ソルベンシーマージンとは「支払余力」を意味しており、さまざまなリスクに対して保険会社がどれほどの備えができているかを表しています。一般的に200%を超えると安全であると言われています。

また加入している保険をすべて同じ保険会社で統一するのではなく、複数の保険会社に分散させることで破綻によって受けるリスクを分散させることができます。手続きなどが面倒になるデメリットもありますが、主契約ごとに最適な保険会社を選ぶことができるというメリットもあります。

共済は生命保険契約者保護機構の会員ではないので、共済が破綻した場合は保障が保証されません。県民共済や全労災、COOP共済などの生命共済への加入を検討されている方は、破綻のリスクも含めて民間の保険会社の保険商品と比較検討されることをおすすめします。

参考リンク
・wikipedia:「ソルベンシー・マージン比率
・ほけんの窓口:「ソルベンシーマージン比較2013年版

保険会社が破綻した場合のまとめ

  • 保険会社が破綻しても生命保険契約者保護機構によって保証される
  • 保障内容がすべて引き継がれるのではなく準備金や利率の減少がある
  • 保険会社を分散したり経営状態を見ながら保険会社を選ぶことで破綻リスクを軽減することができる

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加