賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 生命保険について > 知っておきたい生保の知識 > タトゥー、刺青があると生命保険に加入できないの?


タトゥー、刺青があると生命保険に加入できないの?

タトゥーや刺青があると生命保険に加入できないのでしょうか?保険会社の対応や対処方法などを解説しています。

どのような理由で生命保険に加入できないの?

現在では反社会勢力と関係していないことを確認した上で、保険の契約を行うことになっています。そのためタトゥーや刺青があると保険加入時の障害となる場合があり、保険の加入を断られるケースがあります。

最近ではタトゥーや刺青を入れる際に使用する機器の衛生面が改善し、肝炎などの感染症にかかるリスクが下がっていると言われますが、感染症を理由に現在でも生命保険への加入を断られることがあります。

これは生命保険が相互扶助の精神で成り立っており、保険加入者によってリスクを負担する不公平が生まれないようにするためです。スポーツ選手やスタントマンなど危険を伴う職業に就いている人が生命保険に加入できないのと同じ理由です。

タトゥーや刺青が問題となるのは保険の契約時で、契約が終わり支払い事由が発生すれば保険金は支払われます。

保険会社の対応は

タトゥーや刺青に対する保険会社の対応は会社によって異なります。

    保険会社による対応の違い

  • ①タトゥーや刺青があると加入できないところ(担当者が知った場合は契約をしないようにしているところ)
  • ②タトゥーや刺青があっても問題なく加入できるところ
  • ③契約後に入れると支払い拒否理由となるところ

①の理由としてはタトゥーや刺青をしている人が反社会勢力の関係者であったり肝炎などの感染症であった場合に、これらを理由に保険金の支払いを拒否することが難しくなってしまうからです。そのため担当者が契約前に被保険者から聞き取り確認をする保険会社もあります。

タトゥー・刺青の有無による保険加入・支払いのパターン

②担当者に聞かれなければそのまま契約しても問題はありません。また告知書にタトゥーや刺青に関して記入する部分もなく、通常の告知義務をクリアしていれば問題なく保険金は支払われます。

タトゥー、刺青がある人の対処法

タトゥーや刺青がある人はいざという時に保険金の支払いを拒否されないためにも、契約前に保険会社の担当者にしっかりと確認しておくことが大切です。確認した上で契約に問題がないと言われれば、安心して保険に加入することができます。

③これからタトゥや刺青を入れる予定がある人は、保険契約後に入れた場合は保険金の支払いに支障が出るかどうかを担当者に確認しておきましょう。もし問題があるようであれば、保険加入を見送った方が無難です。

部位や大きさなど保険への加入基準は保険会社によって異なるので、新規やかけ替えで生命保険へ加入される方は必要な診察を受け、診断書など契約に必要な書類を揃えておくようにしましょう。

生命保険についてさまざまなアドバイスをしてくれる保険相談サービスでは、無料でおすすめの保険を提案してくれるだけではなく、保険への加入をクリアするために病院での血液検査の方法を教えてくれたり、中には面倒な加入手続きをすべて代行してくれるところもあります。

自宅やカフェなど都合の良い場所まで訪問してくれたり、ギフトがもらえるキャンペーン中の保険相談もあるので、この機会に無料の保険相談サービスを利用してタトゥーや刺青についてプロのFP(ファイナンシャルプランナー)からアドバイスを聞いてみてはいかがでしょうか。

タトゥー、刺青で保険加入の可否のまとめ

  • タトゥーや刺青があると加入を断わられる保険会社がある
  • 問題となるのは保険加入時で契約後は保険金が支払われる
  • 血液や尿検査などを適切に受ければ加入できる保険会社もある

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓