賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 知っておきたい生保の知識 > 保険の配当とは


保険の配当とは

保険による配当とはどのようなものなのでしょうか?配当の種類や特徴、受取方法などについて解説しています。

保険の配当の種類

生命保険の保険料は「純保険料」と「付加保険料」で構成されていますが、保険料の計算で用いられる予定死亡率や予定利率、予定事業比率はあくまで予定の数値であり実際の数値とは異なります。

保険料の原価

予定の数値と実際の数値が異なる場合に発生するのが「剰余金」で、保険契約者に配当金を分配することになっています。これが保険による配当です。ただし保険の種類によっては配当を受け取れないものもあります。

保険による配当の種類
保険の種類 概要
有配当保険 3利源配当タイプ 「予定利率」「予定死亡率」「予定事業費率」の3利源を元に配当金を分配
利差配当タイプ 利差配当のみを元に配当金を分配、配当金は比較的少ない
無配当保険 配当金が分配されないが、保険料が割安で設定されている

配当金を受け取れるのが有配当保険、配当金を受け取れないのが無配当保険です。有配当保険の中の「3利源配当タイプ」は、3つの予定利率よりも実際の保険料の運用などがうまくいった場合や、予定よりも死亡者数が少なかった場合に配当金が分配される保険です。

「利差配当タイプ」は予定利率のみを元に配当金を算出するものなので、3利源配当タイプよりも配当金が少ない保険です。「無配当保険」は配当金を受け取ることができない代わりに、あらかじめ保険料が安く設定されているのが特徴です。運用実績が悪かったり予定よりも死亡者が多い場合などは、無配当保険の方がお得になります。

配当金の受け取り方法

配当金の受け取り方には4つのパターンがあります。

  • 積立 … 配当金を保険会社に預けておき利息がつきます。保険が満期になったり受取事由が発生すると保険金と一緒に受け取れます。
  • 買増 … 分配された配当金を新たな保険購入の一時払いとして当てるもの。
  • 相殺 … 加入している保険の保険料と相殺するもの。
  • 現金支払 … 現金で分配された配当金を受け取るもの。

受け取り方は基本的に上の4種類ですが、保険会社や加入している保険によって不可の受取方法もあります。保険加入時に有配当保険である場合は、受取方法についても確認しておくようにしましょう。

配当金にかかる税金

保険の配当金に関しては基本的に税金がかかることはありません。保険による配当金は、必要以上に集めていた保険料を保険契約者に還元するという意味合いがあるので配当金に税金はかかりません。

ただし、配当金を保険料と相殺したり現金で受け取った場合は課税額が変更することになります。例えば年間の保険料が6万円の保険契約者が1万円の配当を受けとった場合、年間5万円の総支払込額として住民税や所得税控除の計算に使用されることになります。

また保険金の支払開始日以後に受け取る配当金に関しては、年金の場合は雑所得、一時金の場合は一時所得になります。有配当の保険は保険料が高めに設定されているので、税金の処理などの面倒さを考えればリスクの少ない無配当保険を選ばれるのがおすすめです。

ただし運用実績が高い保険商品も販売されているので、最新の有配当保険について知りたいという方は無料相談サービスを利用しみましょう。キャンペーン中に保険相談を利用するとギフトをプレゼントをしてもらえるので、この機会にプロの保険屋さんから最新情報を入手しておきましょう。

保険による配当のまとめ

  • 予定していたよりも運用できた場合などに剰余金が配当金として分配される
  • 受取方法は4種類あるので自分のニーズに合わせて選択する
  • 無配当保険はリスクが低いが、運用実績の高い有配当保険は保険料を抑えることも可能

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加