賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 知っておきたい生保の知識 > 妊婦は生命保険に加入できないの?(特定部位の不担保)


妊婦は生命保険に加入できないの?(特定部位の不担保)

妊娠すると生命保険に加入できないのでしょうか?そのしくみや妊婦でも加入できる医療保険を紹介しています。

妊娠すると女性は生命保険に加入できない!?

妊娠している女性は妊娠中や出産時の母体が大きなリスクを抱えているために、保険会社では保険契約をしないようにしています。結婚したばかりの新婚夫婦が生命保険への加入を検討している最中で妊娠が発覚した場合、生命保険に加入できなくなるので結婚したらすぐに保険への加入を進めることが大切です。

妊娠前に加入していた医療保険でも正常分娩であれば保険金が支払われることがなく、保険契約の約款で定められた帝王切開や切迫早産などの異常分娩にならない限り保険金が支払われることはありません。

妊娠が分かる前に生命保険への加入を

また保険加入時に申告する告知書の中に、「現在妊娠していますか?」という項目は必ず設けられており、妊娠しているのにも関わらず虚偽の内容を書いて保険に加入しても保険金は支払われません。

出産日から逆算して保険加入日に妊娠している可能性が大きいかどうか調査され、疑わしい場合でも加入者による重過失(妊娠を調べられる状態)を理由に保険金の不払いとなる可能性が高いです。

特定部位の不担保とは

医師の診察を受けて妊娠27週目までであることが母子手帳で確認できれば、妊婦であっても医療保険に加入することができる場合があります。ただし、「特定部位の不担保」という条件が設定されます。

特定部位の不担保とは、妊娠が原因と考えられる疾病(妊娠、分娩、帝王切開を受けた場合を含む)の治療を目的とする給付金、保険金は、保険会社が定める不担保期間中(1年間など)は支払われないというものです。

つまり妊娠は母体に与えるリスクが大きいので、妊娠によって何かしらの病気、ケガをした場合は保険の保障外としています。妊娠に関係しない病気やケガ(白血病や骨折など)の治療や入院に対しては保障されます。

出産後の医療保険への加入

過去に帝王切開で出産したことがある女性は、出産後3~5年以内に医療保険に加入する場合は特定部位の不担保条件が設定されることになります。告知書に「過去5年以内に帝王切開で出産したことがありますか?」という項目があるので、必ずチェックしておくようにしましょう。

妊婦や過去に帝王切開などで出産したことがある女性が、医療保険への加入時に保障外とされる項目として以下のようなものがあります。

  • 妊娠悪阻(重度のつわり)
  • 帝王切開
  • 切迫流産
  • 死産
  • 切迫早産
  • 子宮外妊娠
  • 妊娠中毒症

参考リンク
・ライフネット生命:「医療保険をお探しの妊婦さんへ

もちろん妊娠前に医療保険に加入していた場合は、妊娠中毒症や帝王切開になった場合でも保険金・給付金を受け取ることができます。生命保険の無料相談でキャンペーンもやっているので、結婚されてライフステージの変化があった方はご夫婦そろってプロからアドバイスを受けられるのがおすすめです。

特定部位の不担保のまとめ

  • 妊娠すると医療保険の加入には条件が設定される
  • 妊娠に関連する疾病に対する保障は行われない
  • 妊娠前に生命保険に加入しておくのがおすすめ

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加