賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 知っておきたい生保の知識 > 高度障害保障を受けられる条件


高度障害保障を受けられる条件

死亡保険で保障される高度障害保障とはどのようなものなのでしょうか?保障を受けられる条件や不払い事例などを紹介しています。

高度障害保障とは

死亡保険(定期保険、終身保険、養老保険)では被保険者が保険期間中に死亡した場合に死亡保険金が支払われますが、被保険者が高度障害状態になると死亡時と同じ高度障害保険金が支払われます。

この高度障害とは、病気やケガによって両眼の視力を完全に失ったり、言語・咀嚼機能を完全に失い回復の見込みがない状態になることです。高度障害になると働くことができなくなり、家族への経済的な負担は死亡する場合と同様に深刻であるという考えから死亡時と同様の保険金が支払われることになっています。

高度障害保障を受けられる条件

高度障害保障を受けられる条件は、保険商品の約款にで細かく定められています。注意しなければいけないのは、身体障害者福祉法に定める身体障害状態(身体障害等級1級など)とは異なるので、加入前に十分に確認しておくようにしましょう。

高度障害保障を受けられる条件
適用条件 詳しい定義
両眼の視力を全く永久に失ったもの 眼鏡やコンタクトレンズなどによる視力矯正を行っても両眼ともに矯正視力が0.02以下で回復の見込がない場合
言語または咀嚼の機能を全く永久に失ったもの 言語による意思の疎通が全くできない場合、または咀嚼機能の障害で、流動食以外のものが摂取できない場合
中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの 食物の摂取や排便・排尿、衣服の着脱や歩行・入浴など日常生活を一人で行うことができずに常に他人の介護を要する状態(1つでも一人で行うことができれば、原則として高度障害状態には該当しない)
両上肢とも手関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの 両上肢を手関節(手首)以上で切断した場合、または、完全運動麻痺状態(肩、肘、手首の各関節のすべてが完全に固まり、自分の意思で動かせない状態)で回復の見込みがない場合
両下肢とも足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失ったもの 両下肢を足関節(足首)以上で切断した場合、または、完全運動麻痺状態(股、膝、足首の各関節のすべてが完全に固まり、自分の意思で動かせない状態)で回復の見込みがない場合
1上肢を手関節以上で失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったか、またはその用を全く永久に失ったもの 1上肢を手関節(手首)以上で切断し、1下肢を足関節(足首)以上で切断している場合や完全運動麻痺状態になり回復の見込みがない場合
1上肢の用を全く永久に失い、かつ、1下肢を足関節以上で失ったもの 1上肢を肩関節(肩)以上で切断または完全麻痺状態になり、1下肢を足関節(足首)以上で切断や完全運動麻痺状態になり回復の見込みがない場合

高度障害保障を受けるための条件として、被保険者が保険の責任開始期以降に不慮の事故によって以上のような高度障害状態になり、将来にわたって障害の状態が回復する見込みがない場合です。

高度障害保障の注意点

高度障害保障が受けられる条件は上のように保険商品の約款にて細かく定められており、似たようなケースでも保険金を受け取ることができないことがあります。

例えば、脳腫瘍の手術を受けて右半身が完全に麻痺になり、歩行や入浴、衣服の着脱や排便の始末などを自分一人で行うことはできないが、左半身で箸やスプーンを使って食事ができる場合は「終身常に介護を要するもの」とはならないため、高度障害状態には該当しません。また認知症によって高度障害に該当するケースと該当しないケースがあるので注意が必要です。

参考リンク
・朝日新聞の医療サイト「apital」:重い症状、保険金出る場合も 認定、保険会社でまちまち

死亡保険金と同様に高度障害保険金も保険会社に請求しないと受け取れませんが、保険金が被保険者と同一の場合は、契約者があらかじめ指定した「指定代理請求人」が請求できることになっています。

指定代理人とは一般的に「保険金の請求時に被保険者と同居または生計を一にしている戸籍上の配偶者または3親等内の親族」とされていますが、保険会社によって異なるので事前に確認しておきましょう。

高度障害保障のまとめ

  • 死亡保険の被保険者が不慮の事故で働けないような状態になった場合に保険金が給付される
  • 高度障害保障の該当条件は保険約款で細かく定められている
  • 認知症では症状の違いによって高度障害と認定されるケースとされないケースがある

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加