賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 知っておきたい生保の知識 > 保険料の払込み免除とは


保険料の払込み免除とは

生命保険の保険料払込み免除とはどのような制度なのでしょうか?医療保険につける特約との違いなどについても解説しています。

保険料の払込み免除とは

被保険者が不慮の事故によって高度の障害を負ったり、日常生活や働く上で大きな支障となる障害を負った場合に、生命保険の保険料の支払いを免除される制度が設けられています。

これが「保険料の払込み免除」と呼ばれるもので、不慮の事故が発生してから180日以内に一眼の視力を永久に失ったり、両耳の聴力を完全に失った場合に保険料の払込み免除が適用されることになります。

大きな障害を負ったら保険料の支払いは!?

生命保険の保険料払込み免除には、主契約の約款に記載されている「保険料払込免除制度」と、特約として「保険料払込免除特約」をつける場合があります。主契約の約款に定められている払込免除制度は自動的に付随されることになります。

保険料の払込み免除の条件

ほとんどの生命保険の主契約は被保険者が不慮の事故で大きな障害を負ったしまった場合に、以降の保険料の払込みを免除する制度が設けられています。免除制度が適用される障害の程度や内容については商品ごとの約款で細かく定められています。

生命保険会社や商品によって若干の違いがありますが、保険会社が保険金の支払い責任が発生する「責任開始期」以降に以下のような障害を負った場合に保険料の払込免除制度が適用されることになります。

保険料払込免除制度の適用条件
条件 詳しい定義
1眼の視力の障害 眼鏡やコンタクトレンズなどによる視力矯正を行っても1眼の矯正視力が0.02以下で回復の見込がない場合
両耳の聴力の障害 病気が原因で難聴となり、補聴器を使用せず大声語を理解できない障害がある場合
1上肢の障害 左右どちらかの手腕を「手関節(手首)」以上で切断、または、肩関節以上で完全麻痺があり自力で動かすことができる回復の見込みがない場合
1下肢の障害 左右どちらかの足を「足関節(足首)」以上で切断、または、股関節以上で完全麻痺があり自力で動かすことができる回復の見込みがない場合
手指の障害 左右どちらの指5本を全切断した場合、左右すべての指10本を切断した場合、または、正常な曲げ伸ばしができない場合
足指の障害 左右すべての足指10本を全切断した場合
脊柱の障害 脊柱の奇形が外見上わかる場合、頸椎が完全に動かない場合など
呼吸器の障害 自立呼吸が難しい状態となり、酸素療法を180日以上継続して受けた場合
心臓の障害 心臓にペースメーカーを埋め込んだ場合、または、人工弁を移植した場合
腎臓の障害 腎臓機能を永久に失い人工透析を受けている場合、または、腎移植を受けた場合
ぼうこうの障害 ぼうこうの機能を永久に失い全摘出して人工膀胱を移植した場合、または、尿路変更術を受けた場合
直腸・肛門の障害 直腸と肛門を同時に摘出して、人工肛門を造設した場合

参考リンク
・プルデンシャル生命保険:保険料のお払込み免除について「対象となる身体障害状態について

払込免除特約とは

主契約の約款に定められている保険料払込免除制度とは別に、特約として主契約に付加するものがあります。これが「保険料払込免除特約」と呼ばれるもので、一般的には3大疾病になったり、要介護状態となることで保険料の払込を免除されることになります。

主契約に付随される免除制度と大きく異なる点は、特約として追加する保障なので通常の保険に比べて保険料が上がるという点です。またこの特約による適用条件は保険会社によって大きく異なるので、保険加入前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

参考リンク
・住友生命:特約・制度一覧「保険料払込免除プラン(Q極型)
・AIG生命:保険商品一覧「保険料払込免除特約

保険料の払込み免除は万が一の場合にとても大切です。特に医療保険に特約を付帯させる場合は、がんなどの3大疾病にかかった場合に保険料を支払うことなく給付金を受けることができるので、毎月の家計負担を大きく軽減させることができます。

もしもの場合にどのような保障が必要なのかは個人によって大きく異なります。生命保険の見直しサービスではプロのファイナンシャルプランナーが無料で相談にのってくれて、適切な選び方をアドバイスしてくれます。生命保険選びに迷った時は一度利用されることをおすすめします。

保険料の払込み免除のまとめ

  • 保険料の払込み免除には主契約に付随されている制度と特約で付帯される2種類がある
  • 主契約で付随されている免除制度は約款で適用条件が細かく設定されている
  • 特約で付帯させる場合は3大疾病や重度な高血圧など適用される範囲が広い

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加