賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険(主契約)の種類 > 限定告知型保険


限定告知型保険

限定告知型保険とはどのような生命保険なのでしょうか?特徴やメリット、デメリットなどについて解説しています。

限定告知型保険とは

限定告知型の保険とは、通常の保険に比べて告知書で問われる健康状態の項目が限定されているタイプの保険です。そのため通常の保険では告知義務で加入を断れられる人でも加入することができる場合があります。

限定告知型の保険には主に医療保険として販売されているものが多いですが、死亡保障として定期保険や終身保険にも限定告知型があります。主契約の種類を問わず、主に以下の条件に1つでも該当しないことが保険へ加入する条件となっています。

  • 過去2年以内に病気やケガで入院・手術を受けたことがある
  • 過去5年以内にがん(悪性新生物・悪性腫瘍・上皮がん)と医師に診断された、または、がんで入院・手術を受けたことがある
  • 過去5年以内に肝硬変と医師に診断されたことがある
  • 今後3ヶ月以内に入院または手術の予定がある、または、医師から入院・手術を薦められたことがある
  • 過去に公的な要介護認定・要支援を受けたことがある

似たような保険として「引受基準緩和型保険」がありますが、限定告知型保険の方が加入条件が厳しくなっています。どちらの加入条件に抵触される方は、告知義務がない「無選択型保険」もあります。

告知・診査基準による保険の違い
特徴 普通の保険 限定告知型 引受基準緩和型 無選択型保険
引受け基準 高い やや低い 低い なし
保障条件 広い やや限定 やや限定 限定的
保険料 低い やや高い やや高い 高い

参考リンク
・住友生命:「スミセイの千客万頼
・アクサ生命:「限定告知型定期保険
・NKSJひまわり生命:限定告知型医療保険

限定告知型保険のメリット

限定告知型保険のメリットは、これまで持病が原因で保険に加入できなかった方でも生命保険に加入することができるという点です。万が一の際の家族への保障などを考えると、死亡・医療保障を受けられ葬儀費用なども保障されることは大きな安心につながります。

また加入前の持病が悪化した場合でも保障が受けられるのも大きなメリットです。例えば糖尿病が悪化して入院が必要になった場合でも給付金が支給されます。ただし、加入前に医師から治療を薦められいた場合は保障の対象外となるので注意が必要です。

また終身タイプの限定告知型保険では80歳を迎えた場合に、定期タイプは10年の保険期間満了時に生存していた場合に生存給付金が支給してもらえます。生存給付金は保険期間中の給付金の支払いの有無に関わらず受け取ることができるので、わずかではありますが貯蓄性のある保険です。

限定告知型保険のデメリット

限定告知型保険のデメリットは通常の保険に比べて保険料が高く設定されている点です。限定告知型の医療保険の場合で考えると、男性40歳は月額の保険料は7,000 ~ 8,500円程度となりますが、通常の医療保険であれば3,500 ~ 5,000円の保険料となっています。

また無選択型保険と同様に終身タイプの限定告知型保険は、保障額よりも保険料の総支払込額の方が上回ることがあります。加入後一定期間は保障額が50%までと設定されている保険商品もあるので、加入前にしっかりと確認するようにしましょう。

限定告知型保険はメリットとデメリットが大きく分かれているので、加入を検討されている方は一度生命保険の無料相談サービスを利用してアドバイスを受けられることをおすすめします。キャンペーンでお得なギフトをプレゼントしてくれるので、引受基準緩和型や無選択型保険などもついでに比較検討してみましょう。

限定告知型保険のまとめ

  • 一定の告知条件を満たせば加入することができる生命保険
  • 定期保険、終身保険、医療保険などの主契約で限定告知型がある
  • メリットやデメリットがある保険なので加入時にしっかりと検討することが大切

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加