賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険(主契約)の種類 > アカウント型終身保険(利率変動型積立終身保険)


アカウント型終身保険(利率変動型積立終身保険)

アカウント型終身保険とはどのような生命保険なのでしょうか?特徴やメリット、デメリットなどについて解説しています。

アカウント型終身保険とは

アカウント型終身保険とは、定期付終身保険の終身保険部分を「アカウント型」と呼ばれる終身保険としたタイプの生命保険です。アカウント型保険の特徴は、「積立部分」と「保障部分」に分けられている点です。

アカウント型終身保険

例えば毎月の2万円の保険料を支払っていた場合、保険料のうち15,000円を積立部分に、残りの5,000円を保障部分に充てるというイメージです。この充当割合はライフステージによって変更することが可能で、子供ができて必要保障額が増えた場合は積立部分を減らして保障部分を増やすことで保障額を手厚くすることができます。

そして、積立部分として払い込んだ部分が最終的に終身保険の保障額となります。この積立部分は利率によって変動するので、「定期保険特約付利率変動型積立終身保険」とも呼ばれます。

アカウント型終身保険のメリット

アカウント型終身保険のメリットは、毎月の保険料の支払いを柔軟に変更できるという点です。保障部分と積立部分の割合を一定の範囲内であれば自由に変更することができ、また積立金を必要に応じて引き出すことができます。

例えば子供の入学費用で一時金が必要になった場合に、積立部分から引き出して充当させることができます。反対にボーナスなどで手元にお金がある場合は積立部分に一時金を充足させることで、積立部分を増やすことができます。このように保障内容や保険料などを、同じ保険の一定範囲内で柔軟に変更できるというのが大きな特徴です。

また自由設定型のアカウント型終身保険では、加入者のニーズに合わせて死亡保障や医療保険などさまざまな特約を自由に組み合わせて付加させることが可能です。1つの保険で必要となるすべての保障を管理できるというのも大きなメリットの1つです。

アカウント型終身保険のデメリット

アカウント型終身保険のデメリットは、積立部分と保障部分の充当割合や特約として付加させる保障の設定が複雑で分かりにくいという点があります。保険会社の外交員に薦められるまま加入してしまい、あまり必要でない特約をつけているのが見直しの際によくあるケースです。

しかも特約として付加させている保障は掛け捨て型なので、何もなければ保険料のほとんどを無駄にしてしまう貯蓄性の低い生命保険です。特約は更新型となっているものが多いので、一定の年齢を迎えると特約部分の更新ができないタイプのアカウント型保険もあるので注意が必要です。

また予定利率によって終身保険の保障額も変動するので、保険会社の運用実績が悪ければ保障額が下がってしまうリスクもあります。予定していた払込プランよりも積立部分に充足できる保険料が少なくなると、終身保険としてもらえる金額が思った以上に少なくなるということもあります。

アカウント型終身保険への加入を検討されている方は、シンプルな主契約のみでさまざまな生命保険を組み合わせるプランと入念に比較されることをおすすめします。トータルで捉えるとデメリットばかりではないアカウント型終身保険ですが、加入前にはプロのFPによる無料相談を受けておくのが賢い生命保険の選び方です。

アカウント型終身保険のまとめ

  • 積立部分が終身保険、保障部分が掛け捨ての保障部分(特約)となる生命保険
  • 積立部分と保障部分の割合を自由に設定することができる
  • 設定が複雑でわかりにくく、終身保険の保障額が予定よりも減少するリスクがある

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓