賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険(主契約)の種類 > 医療保険


医療保険

医療保険とはどのような生命保険なのでしょうか?特徴や種類、メリットデメリットなどを解説しています。

医療保険とは

医療保険は被保険者が死亡・高度障害に至らなくても保険金が支払われる生命保険で、ケガや病気で入院や手術が必要になった際にその費用を保障するものです。以前は定期保険や終身保険などの特約として付加するケースが多かったですが、現在では医療保険単体が主契約となってさまざまな保険商品が販売されています。

ケガや病気に対する保障という点では公的保障である「国民健康保険」と同じ役割を担っていますが、一般的に医療費の3割を負担しなくてはいけません。そのため大きな手術や先進医療などで大きな医療費が必要になると自腹でたくさんの費用を負担しなければいけません。

一家の大黒柱が大きなケガや病気で長期入院や大規模な手術が必要になった場合、医療費が必要になるだけではなく収入も減ってしまいます。このようなリスクに備えるためにも医療保険に加入する人が増えています。

医療保険の種類と特徴

掛け捨て型の医療保険には一定期間ごとに更新していく「定期型」と更新がなく保険料が変わらない「終身型」があります。また貯蓄性のある医療保険もあります。

医療保険の種類と特徴
特徴 定期型医療保険 終身型医療保険 貯蓄型医療保険
保険料 更新ごとに
上がっていく
変わらない 高い
更新 あり なし なし
保険期間 定期ごと 終身 終身
貯蓄性 なし なし あり
物価上昇 対応しやすい 対応しにくい 対応しにくい

定期型医療保険の特徴は加入当初の若いうちは保険料が安く、更新するごとに保険料が上がっていくというものです。更新は自動で行われますが、将来物価が上がった際には見直しができるというメリットもあります。

終身型医療保険は満期まで一定の保険料を支払い続けるタイプで、保険料が一生変わらないのが大きな特徴です。また総支払込額が定期型に比べて150~200万円程度安くなる点がメリットですが、加入当初に設定した保障額が物価上昇には対応できないというデメリットがあります。

貯蓄型医療保険は終身タイプの支払い方法がほとんどで、他のタイプに比べて保険料が高くなりますが貯蓄性があるのが大きなメリットです。設定年齢に達すると健康祝い金がもらえるタイプと保険料の一部が戻ってくるタイプがありますが、一定期間以上の入院をして入院給付金を受け取ると祝い金などは受け取ることができません。

医療保険のメリット、デメリット

医療保険に加入するとケガや病気に備えられますが、若いうちは大きな病気にかかる可能性も低いので加入してもあまりメリットを実感することができません。

ただし、40代以降に医療保険に加入しようとしても健康状態などが問題となって加入を断られることがあります。老後の医療保障を考えるのであれば若いうちから医療保険に加入しておくのがおすすめです。

また医療保険は給付金が出るケースが細かく規定されており、例えば検査入院や正常分娩などは給付の対象外となっています。保険商品によっても保障されるケースとされないケース、保障金額が異なるので見直しなどをする際は細かい点などにも注意するようにしましょう。

医療保険のまとめ

  • 病気やケガなどを保障する主契約
  • 保険料の支払い方や貯蓄性の有無によってさまざまなタイプがある
  • 保障については加入前に入念にチェックしておく

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加