賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険(主契約)の種類 > 特定(3大)疾病保障保険


特定(3大)疾病保障保険

特定(3大)疾病保障保険とはどのような生命保険なのでしょうか?特徴やチェックポイントなどを解説しています。

特定(3大)疾病保障保険とは

医療保険やがん保険のように特定の病気にかかった場合に保険金を受け取ることができるのが特定(3大)疾病保障保険です。特定(3大)疾病とは「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」のことです。

特定(3大)疾病保障保険の給付条件
特定(3大)疾病 給付条件
がん がんと診断が確定された場合
(ただし悪性新生物上皮内がん、悪性黒色腫を除く)
心筋梗塞 心筋梗塞を発病して医師の診察を受けた日から60日以上の労働制限を必要とする場合や急性心筋梗塞の治療のための手術を受けた場合
脳卒中 心筋梗塞を発病して医師の診察を受けた日から60日以上の労働制限を必要とする場合や脳卒中の治療のための手術を受けた場合

上記の条件を満たすと特定(3大)疾病給付金を受け取ることができますが、保険によって条件が異なるので確認しておきましょう。また給付金を一度受け取ると保険が終了し保障も無くなるので注意が必要です。特定疾病が原因で死亡した場合も同額の保険金を受け取ることができます。

参考リンク
・日本生命:ミライノカタチ「特定(3大)疾病保障保険

特定(3大)疾病保障保険の特徴とチェックポイント

特定(3大)疾病保障保険には保険料が更新ごとに上がる定期型と、保険料が一生涯変わらない終身型があります。終身型は保障は一生涯続くというメリットがありますが、保険料の支払いも一生涯続くというデメリットがあるので加入前に入念な検討が必要です。

またガン以外の心筋梗塞や脳卒中では60日間以上の療養が必要とされた場合のみ保障の対象となるので、例えば55日で治療が終わり治療が必要無くなった状態になると給付金を受け取ることができません。

がんに関してはがん保険と同様に猶予期間を設けている保険がほとんどで、加入後90日以内にがんを発症した場合は保障の対象外となります。

特定(3大)疾病保障保険は医療保険とがん保険の中間に位置する保険ですが、日本人の死亡理由の大きな割合を占める3大疾病に対するリスクを保障するメリットの多い保険です。給付条件や保険料を比較検討した上で加入するようにしましょう。

特定(3大)疾病保障保険のまとめ

  • がん、心筋梗塞、脳卒中に対する保障
  • 心筋梗塞と脳卒中や60日以上の療養が必要とされた場合に給付金が支払われる
  • 特定(3大)疾病により死亡した場合は給付金と同額が死亡保険金として支払われる

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加