賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険(主契約)の種類 > 個人年金保険


個人年金保険

個人年金保険はどのような生命保険なのでしょうか?特徴や種類、メリット・デメリットなどを解説しています。

個人年金保険とは

個人年金保険は老後の生活費などに備えるための保険で、保険という名前がついていますが実際は銀行や郵便局に定期保険として預けた場合とあまり変わりません。「個人として将来のために年金を貯める」という意味合いから個人年金保険と言われています。

個人年金保険に加入すると決まった保険料を払込期間が終わるまで支払い続け、保険料として積み立てた年金資源から決まった保険金を年金形式で毎月受け取ることになります。

個人年金保険

個人年金保険も払込期間中に死亡・高度障害に至った場合に死亡保険金が支払われますが、他の死亡保障がある生命保険とは異なり今まで支払ってきた保険料相当額が死亡保険金の金額となります。

個人年金保険の種類

個人年金保険には年金の受け取り方がいくつもあるので、ニーズに合わせて適切なもらい方を選ぶことが大切です。

個人年金保険の受給種類
受取タイプ 概要
一定期間 確定年金 一定期間中は年金を受け取ることができ、死亡した場合は残り期間の年金分を一時金として受け取れる。
有期年金 一定期間中は年金を受け取ることができるが、期間中に死亡した場合はその時点で年金の支払いが終わる。
保証期間付
有期年金
有期年金に保障期間が付与されたもので、保証期間中に死亡した場合は保証期間の残りの年金支払い分を受け取ることができる。
一生涯 終身年金 加入者が死亡しない限り一定の年金が生涯に渡って支払われる。
保証期間付
終身年金
終身保険に保障期間が付与されたもので、保証期間中に死亡した場合は保証期間の期間の残りの年金支払い分を受け取ることができる。
夫婦年金 夫婦のどちかが生きている限り一定の年金額が支払われる。

また税金の課税対象となる「課税所得」に影響する「所得控除」に個人年金保険も含まれています。個人年金保険の保険料が所得控除として認められるためには、年金の受取人を被保険者と同一にするか、保険契約者か配偶者に指定するなどの条件を満たす必要があるので、加入前に入念に確認しておくようにしましょう。

個人年金保険のメリット、デメリット

個人年金保険の最大のメリットは、保険料の総支払込額よりも年金として受け取れる金額の方が大きくなるという点です。例えば、35歳男性が60歳までの払込み期間、受取期間10年、月額保険料20,000円である個人年金に加入した場合で考えてみましょう。

保険料の総支払込額は600万円となりますが、個人年金として受け取れる毎月の金額はおよそ60,000円となるので、10年間でもらえる総保険金額は720万円となります。保険商品によって異なりますが、総支払込額の1.1~1.3倍の返戻率が設定されています。

ただし保険期間中に死亡しても保険料の総支払込額相当の死亡保険金しか支払われないので、同じ貯蓄性のある終身保険や養老保険に比べて死亡保障は手薄いというデメリットがあります。

個人年金保険は商品や受け取り方法でメリット、デメリットが大きく変わるので、加入前に保険の無料相談サービスでアドバイスを聞くのがおすすめです。プロのFPからおすすめ保険を紹介してもらえたり、キャンペーン中の保険相談であればうれしい商品もプレゼントされるので、2~3つの店舗型や訪問型など利用してみましょう。

個人年金保険のまとめ

  • 老後の生活に備えるため保険料を積み立てて年金形式で受け取れる保険
  • 年金保険を受け取る方法がいくつかあるので、控除なども考慮して受け取り方を選ぶ
  • 総支払込額よりも年金としてもらえる金額が大きくなるメリット、死亡保障が手薄いデメリットがある

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓