賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険(主契約)の種類 > 団体信用保険


団体信用保険

団体信用保険とはどのような生命保険のでしょうか?特徴や選ぶ際のチェックポイントなどを解説しています。

団体信用保険とは

団体信用保険とは住宅やマンションを住宅ローンで購入する場合、ローン契約者が払込期間中に死亡・高度障害に至った場合に残った住宅ローンの返済を保険会社が代わりに行ってくれる生命保険です。

一部の銀行や郵便局、共済やフラット35などで住宅ローンを借りる際には、団体信用保険への加入が任意となっていますが、一般的に団体信用保険への加入が融資条件としています。

一家の大黒柱が病気やケガで亡くなったり高度障害に至った場合は、残された家族は収入が無くなるだけではなく残った住宅ローンを支払い続けなければいけません。住宅ローンを利用する場合は万が一の場合に備えて加入しておく方が良いでしょう。

団体信用保険のチェックポイント

団体信用保険に加入する際にチェックしておきたいのが金利です。一般的に民間の金融機関で借りる場合は、団体信用保険の保険料は住宅ローンの金利の中に含まれているので団信用の保険料を別途支払う必要はりません。ところが団信への加入を任意としている住宅ローンでは団信へ加入すると通常のローン金利に0.3%程度上乗せされることになります。

また死亡・高度障害に至らなくても、3大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)になり所定の条件を満たした場合でも住宅ローンの返済が免除される特約もあります。3大疾病特約をつける場合は、ローン金利が0.3%程度の上乗せされることになります。他にもがん特約や7大疾病特約などもあるので、加入する団体信用保険にどのような特約があるか確認しましょう。

住宅ローンを連帯債務を夫婦で負う場合はデュエットと呼ばれる制度を利用できます。保険料は通常の1.5~1.6倍かかりますが、夫婦どちらかが死亡したり高度障害に至った場合は住宅ローンの返済が無くなります。

団体信用保険の注意点

団体信用保険に加入できないと住宅ローンを組めなくなるので、住宅やマンションをローンで購入する際は団信への加入条件を満たしているか注意しておきましょう。加入条件で引っかかる可能性があるのが健康状態ですが、告知義務違反を行うと万が一の場合に団信が適用されないので注意が必要です。

また親子リレーで連帯債務を負う場合は、団信割合に気をつけておきましょう。親7:子3の割合で設定しておけば、親が死亡した場合などに住宅ローンの7割分が無くなり残りの3割分だけが残ります。

団体信用保険に加入した場合は、一家の収入を稼ぐ夫(または妻)に対する必要保障額が減るので、生命保険の保障額を減らして保険料を安くできるというメリットもあります。住宅の購入を決めたら生命保険を見直しするタイミングですので、保険の無料相談などを利用して一度アドバイスを聞いてみるのがおすすめです。

団体信用保険のまとめ

  • ローン返済者に万が一があった場合に残りのローン支払いを免除される
  • 夫婦で連帯債務を負う場合はデュエットを利用する
  • 団信に加入すると必要保障額も下がるので生命保険を見直しするタイミング

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加