賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険(主契約)の種類 > 女性保険


女性保険

女性保険とはどのような生命保険なのでしょうか?特徴やメリット、デメリットなどについて解説しています。

女性保険とは

女性は乳がんや子宮がんなど女性特有のがんや、帝王切開や流産など妊娠・出産に関するリスクを背負っています。30~40代では女性のがん患者数は男性に比べておよそ3倍になっており、また乳房の切除など見た目の変化に対する保障も大切だと考えられています。

従来の医療保険では女性特有の疾病に対して十分な保障がないため、女性専用の医療保険である女性保険が開発されるようになりました。女性保険の保障内容は以下のようになっています。

女性保険の保障内容
保障内容 概要
妊娠 帝王切開、妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)、子宮外妊娠、流産
乳房 乳がん、乳腺症
子宮 子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症/
卵巣 卵巣がん、卵巣機能障害、チョコレートのう胞
その他 関節リウマチ

保障金額の例は、がんと診断されると100万円、がんで入院した場合は1日につき1万円、特定の手術1回につき10万円、退院すると一時金として10万円が医療給付金として支給されます。

女性保険の種類として保障が一生涯続く終身タイプと、一定期間の保障を行う定期タイプがあります。終身タイプには貯蓄性があるものと途中で解約しても返戻金がないものがあるので加入前にチェックしましょう。

女性保険のメリット

女性保険のメリットは女性特有の病気やケガに対する保障が手厚いという点です。例えば乳がんで乳房を切除した場合に、がん診断給付金や入院・手術費が給付されるのはもちろん、乳房再生のために別の給付金が支給される女性保険もあります。

また最近では入院せずに通院と手術だけで治療を行う方法が増えてきており、女性保険も最新の治療法に合わせて保障も変更されています。例えば入院しなくても手術をすると5日分の入院給付金が支払われたり、通院保障がなく保険料が割安に設定されている保険商品もります。

ほとんどの女性保険ではわずかな保険料のアップで先進医療特約をつけられ最大2,000万円まで自己負担分を保障してもらえます。万が一の大きな病気に備えたい方は女性保険の加入を検討しましょう。

女性保険のデメリット

女性保険のデメリットは一般的な医療保険に比べて保険料が高くなる点です。保障内容が充実している分、保険料が高くなるのは当然ですが、毎月の支出が増えてしまいます。

また終身タイプの女性保険の場合、一生のうちに払込む保険料の総額が大きな金額になります。例えば25歳女性が85歳まで保険料を支払う場合、380~500万円ぐらいの保険料となります。貯蓄性のある女性保険だとさらに保険料は高くなるので、加入前に入念な保険プランを作成してもらうようにしましょう。

女性医療(特定疾病)特約よりも単独で女性保険に加入する場合は保険料は割高になります。ただし入院保障や手術保障は女性保険の方が自由に設計できるようになっているので、自分のニーズに合わせて保険をカスタマイズしたい方は主契約として女性保険を選ぶようにしましょう。

女性保険のまとめ

  • 女性特有のがんや妊娠に関する病気に備えることができる
  • 女性特有の疾病に対して手厚くニーズに合わせて必要な保障を選びやすい
  • 女性特約に比べて保険料が割高になる

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加