賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 生命保険について > 生命保険(主契約)の種類 > 主契約の種類


主契約の種類

生命保険の主契約にはどのようなものがあるのでしょうか?それぞれの種類ごとの特徴を簡単に紹介しています。

主契約とは

生命保険は主契約と特約によって構成されており、主契約は保険の根幹的な保障を担う部分です。主契約のみで契約することができますが、特約単独で契約することはできません。

生命保険の構成

主契約に必要な保障を特約として付け加えることで、割安な保険料で保障を手厚くできるというメリットがありますが、ライフステージの変化などによって保険を見直すことで主契約が不必要になった場合、主契約を解約すると特約も自動的に解約されます。

主契約の種類

主契約には保障内容によって以下のように分類されます。生命保険に新しく加入される方や無料相談サービスで見直しを検討されている方は、主契約の特徴をだいたい把握しておくと自分に適した生命保険を選びやすくなります。

主契約の種類
主契約 概要
定期保険 掛け捨て型の死亡保険で、割安な保険料で手厚い保障を受けることができます
逓減定期保険 掛け捨て型の死亡保険で、年齢を重ねていくごとに保障額と保険料が下がっていく保険です
収入保障保険 掛け捨て型の死亡保険で、死亡保険金を分割で受け取ることができる保険です
終身保険 貯蓄性のある死亡保険で、保障が一生涯続く保険です
変額終身保険 払い込んだ保険料を保険会社が運用し、運用益によって保障額や解約返戻金が変動する保険です
定期付終身保険 貯蓄性のある終身保険を主契約とし、特約として定期保険を付加した保障額が手厚い保険です
アカウント型終身保険
(利率変動型積立終身保険)
積立金と保険料によって構成されており、積立部分には利息がついて保障額に上乗せされる保険です
養老保険 保険料がムダにならない貯蓄型の死亡保険で、満期を迎えると死亡保険金と同じ満期給付金が受け取れます
医療保険 病気やけがで入院、手術、通院した場合に給付金が支払われる保険です
がん保険 がんになった場合に保障が受けられる保険です
学資保険(こども保険) 子供の教育費や養育費のための保険で、総払込額より満期の返戻金が多くなる保険もあります
個人年金保険 老後の生活に備えるための年金型保険です
変額個人年金保険 老後の生活に備えるための保険で、払い込んだ保険料を保険会社が運用することでもらえる年金額が変動します
介護保障保険 介護が必要になった場合に介護費用を給付金として受け取れる保険です
無選択型保険 保険加入時に告知や医師の診査が不要な保険で、保険料が割高になっている保険です
引受基準緩和型保険 うつ病の方や過去に大きな病気を経験したことがある人でも加入できる保険で、保険料は割高になっています
限定告知型保険 告知や医師の診査が限定されており、特定の病気にかかったことがある人でも加入しやすい保険です

主契約の種類には以上のように数多く販売されており、自身に必要な保障に合わせて適切な保険を選ぶ必要があります。また結婚や出産などライフステージに変化があるとかけ替えなどで見直す必要が出てきます。

主契約の選び方

主契約を選ぶ際には、必要な保障内容と保障額について把握することが大事です。独身の方と結婚している方では必要な保障内容が異なりますし、子供がいる夫婦といない夫婦では学資保険や個人年金保険など加入するべき主契約も異なってきます。

必要か不必要かで悩んでいる保障については、主契約で加入しておくと保険を整理しやすくなります。保険相談サービスでは商品プレゼントのキャンペーンもやっているので、プロのFPからのアドバイスを一度聞いてみるのも良い方法です。

主契約の種類のまとめ

  • 生命保険は主契約と特約で構成されている
  • 主契約にはさまざまな種類があるので自分に必要な保障に合わせて選ぶことが大切
  • 見直しサービスで主契約をかけ替えることも賢い生命保険の選び方です

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓