賢い生命保険の選び方(保険相談で見直し) TOP > 生命保険について > 特約の種類 > 3大疾病保障特約


3大疾病保障特約

3大疾病保障特約とはどのような特約なのでしょうか?特徴やメリット、デメリットなどについて解説しています。

3大疾病保障特約とは

3大疾病保障特約とは、「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」にかかり所定の条件を満たした場合に保険金を受け取ることができる特約で、特定(3大)疾病保障保険を特約として主契約に付加させるものです。

保険金額は保険商品によって異なり、100~300万円の間で設定できるものもあります。また保険料が掛け捨てになる定期タイプと、保障が一生涯続き貯蓄性のある終身タイプがあります。

3大疾病保障特約の給付条件
3大疾病 給付条件
がん 初めてがんにかかり医師による病理検査によってがんと診断された場合
(悪性新生物上皮内がん、悪性黒色腫を除く)
心筋梗塞 急性心筋梗塞を発病してから初めて医師の診療を受けた日から60日以上の労働の制限を必要とする状態が続いた場合
脳卒中 脳卒中を発病してから初めて医師の診療を受けた日から60日以上の労働の制限を必要とする状態が続いた場合

3大疾病保障特約によって保険金を受け取るためには、予め決められている所定の条件を満たす必要があります。また、死亡や高度障害に至った場合でも死亡保険金が支払われる保険商品もありますが、いずれかの受取事由が発生して保険金を受け取ると特約は解消し保障は終了します。

参考リンク
・東京海上日同あんしん生命:三大疾病保障特約

3大疾病保障特約のメリット

3大疾病保障特約のメリットとして、日本人の死亡原因上位を占める3大疾病に備えることができるという点です。がんの場合は診断された日から、脳卒中や心筋梗塞は発病してから60日で所定の条件を満たせば保険金を請求することができます。

また終身タイプの場合は毎月の保険料はアップしますが、途中で解約しても加入年月の返戻率に応じて返戻金が返ってきます。単体で特定(3大)疾病保障保険として加入するよりも、特約として付加させた方が保険料が割安になるというメリットもあります。

3大疾病保障特約のデメリット

3大疾病保障特約の最大のデメリットは保障の適用条件が厳しく、条件をクリアして保険金を受けるためにはハードルが高いという点です。がんは適用基準が比較的緩和されていますが、脳卒中や心筋梗塞は60日以上の労働の制限を必要すると医師から診断される必要があります。

60日以上の労働の制限を必要とする状態とは、身体に麻痺が残ったり言語障害を発症しているような重篤なケースで、症状が軽く59日で職場に復帰した場合は保険金が支給されることはありません。また心筋梗塞は急性のみが適用条件となっており、狭心症などは適用から除外されているので注意が必要です。

特約として3大疾病保障をつける場合は割安な保険料で保障を充実させることができますが、がん特約を付加させる場合との比較検討などを加入前にしておくことが大切です。特約選びに迷った場合は一度保険の見直しサービスなどを利用してみるのがおすすめです。

3大疾病保障特約のまとめ

  • がん、脳卒中、心筋梗塞の3大疾病に備えられる特約
  • 掛け捨て型の定期タイプや貯蓄性のある終身タイプがある
  • 適用条件が厳しいなどのデメリットがあるので加入前に保障ニーズを確認しておく

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓