賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 特約の種類 > 家族(ファミリー)特約


家族(ファミリー)特約

家族(ファミリー)特約とはどのような特約なのでしょうか?特徴やメリット、デメリットなどについて解説しています。

家族(ファミリー)特約とは

家族特約とは、主契約(死亡保障)の被保険者の家族が死亡・高度障害に至った場合でも保険金が支払われる特約です。医療保険が主契約である場合は、被保険者の家族が病気やケガで入院や手術が必要になった場合に入院給付金や手術給付金が支給されます。

保険会社によっては「ファミリー特約」や「家族型特約」の名前のものもありますが、基本的に特約の内容は同じです。

また家族特約には「夫婦型」と「家族型」の2種類があり、夫婦型は家族の保障を配偶者に限定したもの、家族型は配偶者と子どもにまで保障が及ぶものです。保障が増える分、家族型の方が保険料が高くなります。

家族(ファミリー)特約のメリット

家族特約のメリットは簡単に家族への保障もカバーすることができるという点です。主契約を別々にして加入した場合は保険料の割引も無く、また必要以上の保障になることもあるので家族特約の方がお得です。

また家族型で子供への保障を追加する場合、子供が何人になっても保険料は変わりません。そのため2人以上の子供がいる家庭では家族型で家族特約をつけると保険料が割安になってお得です。

家族(ファミリー)特約のデメリット

家族特約のデメリットは被保険者の主契約の契約が終わると、家族特約の保障も無くなってしまう点です。例えば夫が加入している定期保険に家族特約をつけた場合、夫が死亡して死亡保険金を受け取ると主契約である定期保険は終了し、それに伴い付加している家族特約の保障も終了します。

いつどのような形で保険契約が終了することになるかは分からないので、主契約が終了した場合に家族への保障はどのようにするのかを予め想定して特約の付加を検討する必要があります。

また家族特約の保険金は主契約の保険金額から一定の割合で減額されたものが適用されます。家族にもしものことがあった場合に必要な保障を受けられるのかも加入・見直し時によく確認しておくことが大切です。

家族(ファミリー)特約のまとめ

  • 被保険者の家族が死亡・高度障害になったり、病気やケガで医療費がかかる場合に保険金が給付される
  • 割安な保険料で家族の保障をカバーできるというメリットがある
  • 保険金額は一定割合で減額されたものが適用され、中途半端な保障となるデメリットがある

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加