賢い生命保険の選び方(無料相談で見直し) TOP > 生命保険について > 特約の種類 > 女性医療(特定疾病)特約


女性医療(特定疾病)特約

女性医療(特定疾病)特約とはどのような特約なのでしょうか?特徴やメリット、デメリットなどについて解説しています。

女性医療(特定疾病)特約とは

女性特約とは女性に多い特有の病気に備えるための医療保障特約で、主契約である医療保険に付加させることができます。保険会社によって「女性特定疾病特約」や「女性疾病保障特約」などの名前で販売されています。

女性医療特約はの特徴は、女性特有の病気にかかった場合に入院給付金や手術給付金が上乗せされて支給されるというものです。例えば入院保障5,000円/日の主契約に入院保障5,000円/日の女性医療特約を付加させておくと、女性特有の疾病で入院した場合に1日の入院あたり合計10,000の給付金を受け取ることができます。

女性特有の疾病については保険会社によって異なりますが概ね以下のように定められています。保険会社によっては糖尿病や高血圧など生活習慣病なども保障の対象に加えているところもあるので、加入時に給付の対象となる疾病についてはしっかりと確認しておくようにしましょう。

女性医療特約の対象となる疾病
種類 対象としている疾病
がん 乳がん、子宮がん、肺がん、胃がん、直腸がん、大腸がん、骨肉腫、白血病など
良性新生物 子宮筋腫、乳房や卵巣などにできる良性新生物
その他 子宮内膜症、チョコレートのう胞、ネフローゼ、尿管結石、膀胱炎、腎不全、胆石、胆のう障害、甲状腺腫、鉄欠乏性貧血、リウマチなど

参考リンク
・東京海上日同あんしん生命:「女性特定疾病特約
・フコク生命:「女性特約

女性医療(特定疾病)特約のメリット

女性は男性に比べて妊娠・出産に伴うリスクや乳がんや子宮禁酒など女性特有の疾病にかかるリスクがあります。そのため、女性特有の疾病に対して保障を手厚くすることができる女性医療特約を付加させることで病気に対する十分な備えができるというメリットがあります。

また保険会社によっては乳がんの手術に伴う乳房切除をした場合に、乳房の再生手術に対しても保険金が支給される女性医療特約もあります。また主契約の医療保険の保障を手厚くするより保険料が割安になるという点も大きなメリットです。

女性医療(特定疾病)特約のデメリット

女性医療特約のデメリットは保険料が高くなる点と、対象となる病気以外で医療保険を使用する際は給付金の上乗せが無い点です。例えば骨折で入院・手術をした場合は女性医療特約が適用されないので、通常の医療保険の入院・手術給付金が支払われることになります。

また保険会社によっては手術に関しては給付金が上乗せされない女性医療特約もあります。そのため女性医療特約をつけるよりも主契約である医療保険の保障内容を充実させる方がメリットが高まることもあります。

主契約の医療保険でも女性特有の疾病に対しても保障されているので、女性医療特約を付けることを検討されている方は他の医療保険へのかけ替えも含めて総合的に生命保険を見直してみることをおすすめします。

女性医療(特定疾病)特約のまとめ

  • 女性特有の疾病にかかった場合に給付金が上乗せされる
  • 女性は男性に比べて病気にかかるリスクが大きいので、医療保障を割安な保険料で充実させることができる
  • 主契約である医療保険を充実させた方がメリットが大きくなるこもあるので、かけ直しも含めて見直しをしてみることが大切

『保険の無料アドバイスを受けて保険料を抑えよう!!』

見直しで悩んでいたので保険のビュッフェで相談に乗ってもらい、
毎月の保険料を6,600円以上も安くすることができました。しかも
希望する場所(自宅やカフェなど)まで出張してくれるので便利です。

↓↓↓ 今すぐクリックして相談予約する ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加